医療法人社団 あさひ歯科クリニック

札幌市白石区 訪問診療と口腔ケア
誤嚥性肺炎の予防もできる歯医者 あさひ歯科クリニック

お問い合わせはこちらから 011-868-4182

外来診療時間
9:00 12:30///////
18:00 20:00////
訪問診療時間
9:30 12:00/
13:00 18:00/

※外来診療の受付時間…午後19:30まで。訪問診療は予約制です。

歯周病治療

Periodontitis treatment

歯茎が腫れる、血が出る、といった症状はありませんか?

「歯茎が腫れている」「歯磨きの際、歯から血が出る」といった経験はありませんか?もしかしたら、それは歯周病かもしれません。歯周病は、歯を失ってしまう怖い病気で、気付かぬ間に進行していきます。それゆえ日本人の約8割が感染している病気ですが、自覚がない人がほとんどです。「歯周病かも」と少しでも思ったら、放置しないでなるべく早めに歯医者さんで診てもらいましょう 。

歯周病とは?

歯周病は歯石の中に潜む細菌による感染症です。歯石の正体は細菌の塊で、歯を支えている歯槽骨や歯根膜(歯根と歯槽骨をつないでいる細い繊維)が少しずつ破壊し、さらに進行すると歯がグラグラになり最後には抜け落ちてしまう、恐ろしい病気です。日本国内では成人の約8割が感染しており、最も歯を失う原因こそが、この歯周病です。細菌によって、顎の骨や歯茎など歯を支えている組織に炎症が起きることを「歯肉炎」、歯肉炎が進行し顎の骨が溶けてしまうことを「歯周炎」といいます。歯周病は「歯肉炎」と「歯周炎」の総称です。歯肉炎の段階では、痛みはほとんどなく、気がついた時には症状が進行していたということも多々あります。

歯を失う原因 2007年3月
「永久歯の抜歯原因調査報告書」
 (財)8020推進財団調べ

歯周病の進行

  • 健康な歯

    歯と歯ぐきのすき間(ポケット)もなく、歯ぐきがひきしまっている。

  • 軽度歯周病

    歯ぐきが赤く腫れ上がり、歯を磨いたりカタいものを食べると出血することもある。

  • 中度歯周病

    ポケットの炎症が慢性化して、骨が溶けはじめる。口臭もあり、歯が浮いたような感じがする。

  • 重度歯周病

    歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまう。歯根が露出し歯のグラつきがひどくなる。

歯周病と女性の関係

歯周病菌には、女性ホルモンを好んで繁殖する細菌が存在します。女性ホルモンの分泌量の変化が口腔内にも大きな影響を与えてしまうのです。そのため女性の方には、歯周病に感染しやすい時期があります。特に思春期・月経・妊娠・出産の時期は女性ホルモンの分泌量が増加しやすいといわれています。

月経

月経前はホルモン分泌量の変化で口の中がネバネバしたり、歯茎が腫れるなど症状が出やすく、また、女性は唾液の分泌量が少ない人が多いため、口腔環境が悪化しやすいといえます。

思春期

小学校高学年から中学生頃にかけてのいわゆる思春期は女性ホルモンが活発になるだけでなく、部活や勉強、対人関係などでストレスを感じたり、甘いものをたくさん食べたり、過剰なダイエットなどで食生活が乱れ、歯周病だけでなくむし歯が増えてしまうこともあります。

歯周病は早産のリスクを 5倍も高くしてしまいます。

妊娠中がもっとも女性ホルモンが増加し歯周病菌が増殖します。妊娠中の歯周病の進行は胎児にも悪影響を及ぼすことが解明しており、低体重の赤ちゃんを出産した母親は歯周病の進行割合が高いという結果も出ています。それだけではなく、歯周病進行が早産リスクを高めてしまうのです。
それだけではなく、歯周病進行が早産リスクを高めてしまうのです。歯周病を防ごうと母体はサイトカインという免疫物質を作り、歯周組織の炎症を抑えようとしますが、これが逆に胎盤を刺激し、陣痛や子宮の収縮を起こし、早産に繋がってしまうのです。実際に妊娠中の歯周病の進行は早産になる確率を約5倍にしてしまうことが判明しています。
あさひ歯科クリニックでは、通院が困難な方のための訪問歯科診療も行っております。気になる方はお気軽にご相談ください。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病が歯を失う病気であることはご存知の方も多いですが、歯周病が真に恐ろしいのは、口腔内だけでなく全身疾患に大きく関わっているということです。特に糖尿病は歯周病と密接な関係があり、歯周病の悪化することで、血糖値が悪化したり、逆に歯周病の改善で血糖値が正常になる傾向もあります。
歯周病はお口の病気なので、口腔内のトラブルだけだと軽視していると思わぬ疾患を引き起こしてしまうことがあるかもしれません。そのようなことを避けるためにも、歯周病を理解し定期的に歯医者さんでメインテナンスを受ける必要があるといえます。

歯周病と全心疾患

歯周病はメインテナンスが重要です

歯周病は生活習慣病でもあり、日常の食事・生活を改善し、オーラルケア(ブラッシング)を励行して、歯周病の仕組みを理解して歯科医院で検診を受け、歯のクリーニング(歯石除去)をすること。ただし、一度のクリーニングではまったく意味がありません。大事なことは、細菌の増殖時期である3ヶ月に一度を目安に定期的にメインテナンスで予防と再発の防止をすることです。