医療法人社団 あさひ歯科クリニック

札幌市白石区 訪問診療と口腔ケア
誤嚥性肺炎の予防もできる歯医者 あさひ歯科クリニック

お問い合わせはこちらから 011-868-4182

外来診療時間
9:00 12:30 / / / / / /
13:30 18:00 / / /
訪問診療時間
9:00 12:00/
13:00 18:00/

※外来診療の受付時間…午前11:30 午後17:00まで。訪問診療は予約制です。

むし歯治療

Cavity treatment

むし歯の危険性を理解し、 できるだけ早めに正しい治療を受けましょう

「歯が痛い、しみる…」もしかしたらむし歯かもしれません。ある程度進行したむし歯は、放っておいても自然に治ることはありません。治療しなければ悪化の一途をたどってしまいますので、我慢したり放置したりせずに治療しましょう。「痛い」「しみる」といった症状がある方は、あさひ歯科クリニックへお越しください。

むし歯の原因

むし歯の原因は主に4つあります。この4つの原因が重なれば重なるほど、むし歯が発生・進行しやすくなるといわれています。 むし歯のことをよく知り、予防や治療にもより正しく取り組むようにしましょう。

  • むし歯菌(ミュータンス菌)

    ミュータンス菌は、生後10ヶ月から31ヶ月くらいの間にキスや口移しによって両親などから感染することがほとんど。
    糖分を多く摂ると菌はさらに増殖し歯面に定着してむし歯のリスクが高まります。

  • 歯の性質

    歯を形成している栄養成分の量・質などによって、人それぞれむし歯のなりやすさは異なります。また、栄養不足や治療の繰り返しによって歯質は弱くなり、むし歯になりやすくなります。

  • 糖分

    ミュータンス菌は糖分を栄養にして酸を作り歯を溶かします。 糖分を摂りすぎるとむし歯になりやすくなります。 また糖分を摂取しすぎると違う病気も引き起こしてしまうので注意が必要です。

  • 食習慣

    食後からブラッシングまでの時間が空いている、間食が多いなど、糖分が口の中にとどまっている時間が長ければ長いほどむし歯になりやすくなります。食後すぐのブラッシングをおすすめします。

むし歯の進行段階と治療法

C1:エナメル質内のむし歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階のむし歯です。
痛みがなく、ついつい放っておきがちです。
むし歯の部分だけを削り、合成樹脂(レジン)を充填します。

C2:象牙質に達したむし歯

むし歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。
象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進み方が速くなります。
C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達したむし歯

むし歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、
歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

C4:歯質が失われたむし歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

むし歯は早期発見・早期治療が大切です

むし歯は治療せずに放置しておくことでどんどん悪化していく病気です。異変に気づいた時点でご相談ください。早期発見・早期治療に努めることで、歯へのダメージを抑えることができます。ごく初期のむし歯なら、再石灰化(さいせっかいか:溶かされた歯の表面を元に戻す作用)を促すことで歯を削ることなく治癒できる場合もあります。むし歯を防ぐ一番の対策は予防です。歯医者さんで定期的にクリーニングや検診を受けるだけで、むし歯の発生率はぐっと下がります。むし歯にならないために歯医者さんに通いましょう。